カウンセリングと心理療法の違い

このサイトではうつ病カウンセリングを受けようと思っている方に向けて、心理療法との違いを詳しく説明しています。正しい情報をきちんと理解しておくことで、これから自分が相談すべき場所はどちらなのかわかりますし、安心してカウンセリングを受けることが出来るようになるメリットがあります。うつ病に悩まれている方が、カウンセリングが受けられる場所も心療内科や精神科と複数あるので、特徴をわかりやすくご紹介していきます。

カウンセリングと心理療法の違い

カウンセリングと心理療法の違い うつや心の悩み、人間関係の悩みや対人恐怖や不安、心の病を抱えている方は多いとされ、少しでも自分自身と向き合い進んでいくためにも心療内科や精神科などに相談に来るという方が増えてきています。しかし初めて相談をする人にとって、うつ病カウンセリングと心理療法の違いがわからないという声も少なくありません。まず心理療法とは悩みや苦しみといった心の問題を、専門家が心理学の知識を解決に向けて援助することを目的としています。 それに対してうつ病カウンセリングは言語的な話し合いをするだけではなく、絵を描いたりダンスを踊ったり、歌を歌うなど様々なアプローチで心理的不安や負担を改善していく特徴を持ちます。ただ基本的にカウンセリングは、心理療法という大きな枠組みの中に存在している対処法であることを理解しておくことが大切です。

カウンセリングと医師の関係

カウンセリングと医師の関係 いま、うつ病などの精神疾患が増えていると言われています。これは、おそらく経済が発展し尽くして、そこにコロナや今後の未来への不安などが鬱積してうつ病になるというパターンです。つまり、もっとも根本的な家族や自分自身や働く意味など様々なものへの、認識を改めることを求められる社会になったとも言えます。そうすると病院に言って医師に診察をしてもらうのですが、簡単に治るものではありません。なぜなら、日本よりもうつ病カウンセリングが発展しているアメリカでさえ、最後は薬に頼ることが多いからです。うつ病カウンセリングでは、医師ではなく臨床心理士からカウンセリングを受けるのが一般的です。医師の診察は、100回のカウンセリングよりも1回の診察という言葉があるように、うつ病治療でももっとも重要だからです。そのため、診察は信頼できると感じる先生の診察を受ける事がうつ病の改善に繋がります。臨床心理士からカウンセリングを受けると、その情報が先生に医者に伝えられます。その情報をもとに医者は薬の処方を考えたり、今後の治療方針を立てます。ですから、医者がなんでも優しく話を聞いてくれるからといってカウンセリングを受けるように長々と話し込んではいけません。それは、次に待っている患者さんがいるという意味もあります。

うつ病カウンセリングの情報サイト

本町 うつ病カウンセリング

新着情報

◎2020/09/15

サイト公開しました

「うつ病 カウンセリング」
に関連するツイート
Twitter